これだけは知っておこうー代襲相続のイロハー

   

「代襲相続」という言葉には、あまりなじみがないかも知れませんが、相続問題を考える上で、避けて通れない問題です。ここでは、「代襲相続」について、例を挙げて詳しくご説明します。

代襲相続とは?

相続権の引き継ぎ

「代襲相続」とは、被相続人(亡くなって相続財産を残す人)が死亡する前に、相続人となるべき人(法定相続人)がすでに亡くなっていた場合に、その子どもなどが相続人になることです。

例えば、父親が亡くなった場合、本来相続人となるべきその子どもがすでに亡くなっていたら、その子ども、つまり亡くなった父の孫が、子どもに代わって相続することになります。この場合の子どもを「被代襲者」、孫を「代襲相続人」と言います。

代襲相続の範囲

法定相続人が、次のいずれかに該当する場合に代襲相続が発生します。

 ➀ 相続開始前にすでに死亡していること
 ➁ 相続欠格事由(けっかくじゆう)に該当していること
 ➂ 法定相続人の廃除(はいじょ)が確定していること

 

➀はすでに死亡したとおりです。➁はの「欠格事由」とは、被相続人に対する生命侵害行為、遺言に対する妨害行為などがあった場合に、相続人の資格を失うことです。この点は民法第891条に、次のように規定されています。

次に掲げる者は、相続人となることができない。
1.故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、 
又は至らせようとしたために、刑に処せられた者
2.被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、 
その者に※「是非の弁別」がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であ
ったときは、この限りでない。
※是非の弁別とは、殺人が悪いことであると理解できない者や、告訴するようなことが無
理であるような立場にある者(犯人の配偶者や子供等…身内にあたる者)
3.詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変
更することを妨げた者
4.詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、
又は変更させた者
5.相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

➂の「廃除」とは、被相続人に対して虐待や非行などをした法定相続人の資格を、被相続人の意思によって奪うことです。例えば、被相続人に対して虐待、侮辱、その他許しがたい非行などを行った際には、被相続人や遺言執行者家庭裁判所に対して「廃除の請求」を行います。なお、被相続人が行う場合は「生前廃除」、遺言執行者が行う場合は「遺言廃除」と言います。

なお相続放棄は、代襲相続の発生要件ではありません。例えば、父親が亡くなってその法定相続人である子どもが相続を放棄した場合、その相続権がその子ども、つまり亡くなった被相続人の孫に行くことはありません。相続人がすでに権利を放棄しているため、その子どもが代襲する権利もなくなるという考え方です。

代襲相続人の権利

相続分

この代襲相続では、相続分はもともと相続人となるべきだった人の相続分を引き継ぐことになります。つまり、代襲相続人には、相続人と同じ権利が与えられることになりますので、本来の相続人が得られるべき相続分が一切削られるといった不利益が生じることはありません。

なお、代襲相続人が複数いる時は、それぞれの代襲相続人の相続分は同じになります。例えば、母親が亡くなり配偶者がなく、子どもが二人(Aさん、Bさん)いて、すでにAさんがくなっていたとします。本来であれば、Aさん、Bさんにそれぞれ相続財産の2分の1ずつが相続されますが、Aさんはすでになくなっていますからその子どもであるCさん、Dさんが代襲相続することになります。そしてCさん、Dさんは、Aさんが本来相続すべき相続財産を等分することになります。従って、相続財産の4分の1ずつをCさん、DさんがAさんに代わって相続します。

再代襲とは?

子どもや孫が亡くなっていた場合には、その子ども、つまり被相続人の曾孫が代襲相続人となります。これを「再代襲」と言います。このように、被相続人の子どもの代襲相続権は、何代までという制限はなく、相続されるまで続きます。
 なお、養子の代襲相続権は、子どもの出生時期によって、次のように分かれます。
 

 ➀ 養子縁組前に生まれた養子の子ども→代襲相続できない
 ➁ 養子縁組後に生まれた養子の子ども→代襲相続できる

つまり、養子の養子縁組前の子ども(いわゆる連れ子)は、代襲相続できないということになります。

一方、相続人が被相続人の兄弟姉妹の場合、そのうちのだれかが被相続人が亡くなる前にすでに亡くなっていた時には、その子どもが代襲相続人となります。つまり被相続人から見て、甥や姪が自分の親に代わって相続するということです。しかし、代襲相続権はそこまでで、その甥や姪が被相続人の死亡する前に亡くなっていた場合には、その甥、姪の子どもが代わって相続することはありません。

The following two tabs change content below.
福岡 學
 熊本県出身。福岡大学法学部法律学科卒。現在、福岡市で行政書士事務所を開業しています。相続・遺言、民事法務(内容証明・契約書・離婚協議書等)、公益法人などが専門分野です。また過去に、福岡県内の大手学習塾で20年間国語・英語の教科指導を担当し、国語科副主任、教務主任などを歴任しました。身近な法律問題、教育問題について、専門知識、過去の経歴を活かし、丁寧で分かりやすく説明いたします。

 - 相続のいろは