一般葬の流れ~通夜と葬儀をしっかり行い「おもてなし」も完璧

      2016/08/01

臨終から火葬や葬儀が終わるまでには、納棺や通夜などさまざまな儀式があります。最近では、通夜や葬儀を省略するような動きが出てきました。結果、基本的なラインが分かりづらくなりつつあります。ここでは、一般的な葬儀について、臨終からの流れを解説します。

一般葬とは

AdobeStock_78195559s
家族葬、直葬(ちょくそう)、密葬……葬儀の規模をあらわす4つのキーワードでも解説していますが、一般葬とは親族と友人、会社関係が参列するような、昔ながらの葬儀のことです。しきたりにのっとって、しっかりとした葬儀をしたいという人に向いています。

厳密には、通夜をせず葬儀のみを行うような形の一般葬もありますが、ここでは「一般的な葬儀」という本来の意味にのっとり、通夜も葬儀もしっかり行う一般葬の流れについてお伝えしましょう。

1日目~2日目 臨終から安置、打ち合わせまで

165c7e970b46af9cd454d86177737e68_s

臨終、末期の水

とても辛い場面です。
病院で臨終を迎えれば、看護師さんが「末期願いします」と、割り箸や脱脂綿を渡してくれます。割り箸の先に水を含んだ脱脂綿をはさみ、故人の口元を濡らしてあげます。宗教的な行為だからと嫌う人もいますが、このタイミングで何か儀式があったほうが、少しだけ遺族の気持ちが落ち着きます。

搬送、安置【1時間~2時間】

病院の霊安室には長居することができません。葬儀社などに連絡し、遺体搬送の手配をします。安置先は、葬儀社の安置室や自宅などさまざまです。仏式であれば線香やロウソクといった仏具を枕元に設置する枕飾りを行います。時間帯によっては、この時点で檀那寺が枕経に来ることもあるでしょう。住職に安置場所を伝えます。

打ち合わせ、見積もり

搬送を行ってくれた葬儀社にそのまま依頼する場合と、いったん検討する場合とがありますが、早めに葬儀社を決めて打ち合わせに入ります。一般葬であることや、宗派、だいたいの参列人数、希望の会場などを伝え、この先の日程と見積もりを提示してもらいます。日程や見積もりが希望に見合っていれば、正式に葬儀社へ依頼します。祭壇の花や、棺や骨壺の種類、返礼品や料理のプランなどを具体的に決めていきます。

インターネットでの相談窓口も増えました。
関東圏対応 葬儀,お葬式なら家族葬のグローバルケア

2日目~6日目 知らせ、納棺、通夜

84d89a5f0e9be0bb71b20dd86f9913f6_s

知らせ

日程が決まれば参列者へ向けてお知らせを出します。葬儀社に、通夜や葬儀の日程と会場を記したハガキを作成してもらいます。直接手渡したり、FAXしたり、電話で知らせたうえでメールをしたりと手段はさまざまです。

以前は「1日目が安置、2日目が通夜、3日目が葬儀・火葬」と強行スケジュールが一般的だったので、知らせが急になってしまうことが大半でした。しかし今は、葬儀社の安置室を利用することが増えたこともあり、比較的ゆったりした日程が組まれることが多いです。知らせにもゆとりが出てきました。

納棺【30分~1時間】

納棺のタイミングはさまざまです。親族に集まってもらいますから、通夜の日の日中が合理的ですが、そうはいかない場合もあります。自宅安置で通夜や葬儀まで日がある場合は、遺体保全のためにも、温度の保てる棺内へ早めに休んでもらった方がいいでしょう。また、納棺時に親族がたくさん集まる風習がない地域では、遺族の都合が良いタイミングで済ませます。

仏式葬儀を選択していて、納棺時の旅支度を希望するなら、昔ながらの白装束を遺族らの手で着せていくことになります。葬儀社員の案内に従い、旅支度を完成させます。最近では個人が希望していた洋服などを着せることも多くなり、その場合は旅支度を行いません。

なお、納棺の前に身体を洗う「湯灌(ゆかん)」を行う場合があります。長く入院していてお風呂に入れなかったといった場合に選択する人が多いです。故人の肌がさらされないよう、隠しながら洗体を行ってくれます。

通夜【30分~1時間】

通夜のタイミングは、一般的には葬儀の前日です。遠くの親族がそのまま宿泊し、次の日の葬儀に臨めれば合理的だからです。菩提寺の都合などさまざまな理由によって通夜と葬儀の日程が離れる場合があります。

納棺後、棺は通夜の会場へ移動し、親族らもスタンバイします。受付や看板が整えられ、参列者を迎えます。僧侶が入場し、通夜が始まります。

通夜ぶるまい【2時間~3時間】

通夜が終わったら、親族らやスタッフが参列者を通夜ぶるまいの会場へ促し、会食となります。一般客らは頃合いを見て退出し、2時間程度で散会するのが一般的です。長くなりそうであれば、頃合いをみて喪主が挨拶をし、終了とします。

3日目~7日目 葬儀、火葬

d7b07e9834a92f4b5bd918b27082b5d1_s

葬儀が先の場合

葬儀【40分~1時間】

葬儀が先の地域と、火葬が先の地域があります。葬儀が先の場合は、午前中早い時間に親族が葬儀場へ集合し、受付などを整え、参列客を迎えます。僧侶など宗教者が来て開式します。儀式にかかる時間は、弔辞や焼香の人数によって変わります。

出棺【30分】

葬儀の後、親族は参列者を見送り、式場に残ります。そして、火葬時間から逆算して頃合いのよい頃に出棺となります。棺のふたを開けてお別れができる最後のチャンスなので、思い出の品やお花で棺をいっぱいにします。棺に入れられるのは、燃えるものだけです。

火葬・精進落とし【1時間半~2時間】

火葬場で火入れのあと、精進落としとなる場合と、火葬が終わって換骨勤行を行ってから精進落としをする場合とがあります。収骨までの一時間程度を控室や会食場で過ごし、収骨室に呼ばれたら、箸を使って遺骨を骨壺へ納めます。

換骨勤行(初七日法要)【20分】

火葬後、葬儀場に戻り、お骨で初七日法要を行います。葬儀のときに一括して終わらせてしまったり、初七日はまた別に自宅で行ったりなど、考え方やしきたりによってさまざまです。

a silver grey hearse on a parking lot

火葬が先の場合

出棺

火葬が葬儀よりも先の地域では、火葬場への移動時間を逆算して出棺がなされます。出棺の前に親族が集まり、棺のまわりで最後の別れがあります。

火葬【1時間半】

火葬場では収骨まで1時間程度待つことになりますので、お茶やお菓子を持参して控室で休憩します。あとに葬儀が控えているため、親族らはすべて控室で待機します。収骨が終わったら、葬儀場までバス移動します。

葬儀【40分~1時間】

火葬後、葬儀場に到着したら、時間に余裕がある場合は軽食をとります。葬儀の30分前までには受付を整え、着席して参列者を迎えます。

葬儀の後、続けて初七日法要があるのが一般的です。

精進落とし【2時間程度】

葬儀の後、親族だけが集まって精進落としとなります。年長者や住職が献杯の発声を行い、精進落としが始まります。喪主の挨拶で締めとなります。

以上のように、一般葬の場合、臨終から葬儀までは3日から7日ほどかかります。参列者が勤め人ばかりであれば、土日に通夜と葬儀をするよう組み立てるということも可能です。葬儀ホールや火葬場の空き状況、遺体の状況を見ての判断になりますから、葬儀社員とよく話し合いましょう。

The following two tabs change content below.
奥山晶子(おくやま・しょうこ)
奥山晶子(おくやま・しょうこ)
山形県生まれ。冠婚葬祭互助会で2年間働いた後、出版業に従事。出版社の社員時代に日本初の喪主向け葬儀実用誌『フリースタイルなお別れざっし 葬』を発行(不定期)。以後、葬儀や墓について紹介するライターへ。 著書に「葬式プランナーまどかのお弔いファイル」(文藝春秋)「終活」バイブル 親子で考える葬儀と墓 (中公新書ラクレ)などがある。2013年より2年間、「NPO法人葬送の自由をすすめる会」の理事を務める。現在は葬儀や墓についての知識を足掛かりに、介護、相続、遺品整理など終活関連すべてについて勉強・取材・執筆中。

 - 葬儀の流れ